2008年01月14日

返済

キャッシングにおいて最も重要な課程であり、融資の次の段階を返済と言います。
借り入れ側を負債者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。
債権者は、負債者から元本または元金と呼ばれるものと利息を受け取る権利があります。
また負債者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。

返済といっても様々な方法があります。
ATMから期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがその1つです。
ただし、キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です。
また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在しています。
一長一短ではありますが、確実に返せるものであるのならキャッシングして時間のたたないうちに完済してしまうのが最も理想的な形なのですが、現実は分散して返済することになるでしょう。

また利息のタイプには返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算されていて初めから上乗せされるタイプの大きく分けてと2つのタイプが存在しています。
これは返済の方式によって変わってくるものなので、キャッシングの前には1回で返済を行えるキャッシングサービスと定期的に返済するものとを確認しておくべきでしょう。


posted by cashing-knowledge at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

融資

融資とは銀行や消費者金融などが利息を得るために、個人または企業などの資金需要者に対して金銭を貸し出すことを言います。
融資の前に企業の業務内容や経営状態、信用情報、さらに担保などの価値を慎重に審査した上で融資を行う事となる。
キャッシングを行なう場合は個人に対して融資することになる。
その際は企業ほどではないが審査が行われ、信用情報を中心に審査の対象となる。

個人に対しての融資でも、一般的に住宅ローンなどと比べると無目的へのキャッシングの方が融資金額が小さく、またそのため利息も大きくなっている。
融資を受けた側は、それを資金として業務を行い、営利活動から出た利益の一部を利子として支払う。
個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることになる。
つまり返済した分、翌月の生活が圧迫されることになることを計算に入れないと翌月に返済した分をまた借り入れるような非効率的な状態にもなりかねない点は十分注意が必要だ。

そのような事態にならないようにするための気遣いが「ご利用は計画的に」と言う言葉に集約されているとでも言えばわかりやすいかもしれない。
くれぐれもカード破産のような事態は避けたいものである。
そのためか、昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようだ。

posted by cashing-knowledge at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

カードキャッシング

キャッシングローンの基本について紹介していきましょう。
クレジットカードなどローン専用のカードを使用して受け取る小口融資を、カードキャッシングといいます。
キャッシングローンは通常、現金自動預払機(ATM)や現金自動貸出機(CD)を利用して融資の手続きが出来、現金を借りることが可能です。

カードでキャッシングを利用した場合、返済方法は銀行での自動引き落としやコンビニでの支払い、現金自動預払機(ATM)や現金自動貸出機(CD)などの方法があります。
カードキャッシングによって借りた現金の返済日はキャッシングの契約時に決定します。
返済方法はほとんどの場合、月1回になっており、他にも回数や金額を指定する方法や幾つか選択肢がある中から選択する方法もあります。

カードキャッシングを利用した場合の利息は、通常1日単位でかかってしまいます。
ですから仮に返済が一日遅れても、その日の分の利息が加算されてしまうので注意が必要です。
逆に言うと、借りた当日に全額返済すれば利息は原則かかりらないのです。
カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は「29.2%」までと法律で定められており、だいたい年8%〜20%くらいになっています。

キャッシング会社の借り入れ利息を比較することも無駄な出費を抑えるために大切です。
それと同時に返済方法についてはっきりとした計画を立てておくことも、カードキャッシングを利用して借り入れする時には大切なことです。
そして一番大切なことは必ず自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにすることです。
利息の増え方などしっかり把握しておいた方が、キャッシングを利用した後にスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

posted by cashing-knowledge at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

キャッシングとは

銀行や消費者金融などの金融機関が個人に対して融資する事をキャッシングといいます。
小口の融資のため、利息が企業や法人向けのものに比べて高めに設定されているのも大きな特徴です。

基本的に、キャッシュカードなどを使い現金自動預払機(ATM)やキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして現金を貸し出す小口の融資のことを言います。
最近になってネットキャッシングというものが普及してきて、ATMなどの端末を介さないタイプのキャッシングも多く見られるようになって来たものの、多くの場合はキャッシュカードでの引き出しです。
現金をすぐに手元に入れられるからでしょう。

インターネット以外にも電話で申し込むものや様々なタイプのキャッシングが存在しています。
しかし今ではインターネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことはほとんど無くなり、世間一般に言われているようにキャッシングという言葉でひとくくりに締めくくられています。

また、最近では一部の企業がキャッシングの際の利息が高すぎるとして問題になり、話題になったもののすでに風化してしまいましたね。
会社自体も営業停止などの処分を食らって、名前を見かける機会が少なくなっているからでしょう。
現在はこれまで以上に業界への監視が強くなり、今までのような利息の形態が少しずつではありますが法整備が整い、変わってくる可能性が高いでしょう。


posted by cashing-knowledge at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。