2013年03月24日

キャッシングの種類

キャッシングローンにはさまざまな種類があります。そこで今回は多種多様な種類のあるキャッシングローンを紹介したいと思います。キャッシングローンは使途自由なお金で、一定の収入や証明するものがあれば借りることが出来る仕組みになっています。

学生専用のキャッシングローンや、他社から多数キャッシングをしており、金利に悩まされている人向けにローンをまとめるおまとめローンと呼ばれるキャッシングローンも存在します。
キャッシングローンにはほかに、女性限定で借りることが可能な女性専用のキャッシングローンもあります。

事業者向けのキャッシングローンや期間や金額を定めた無利息のキャッシングローン、不動産担保ローンなどがあります。様々な種類のキャッシングローンですが、その色々な種類により金利が異なります。
利息のかからない無利息のキャッシングローンは、決められた機関のうちに返済すれば無利息でキャッシングをすることが出来るというものです。また不動産担保ローンとは自分が所有している不動産を担保にして借りる種類のものを言います。
担保を差し出す分通常のキャッシングローンよりも借りられる金額の上限がとても高いキャッシングローンです。しかしデメリットとして万が一期間内にローンを返すことが出来ないと担保として差し出した不動産がとられてしまうので注意が必要です。
posted by cashing-knowledge at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

学生のためのキャッシング

キャッシングといえば、昔ではサラリーマンなどの収入がある程度安定している人が利用するものだという意識がありましたが、最近ではテレビCMなどでキャッシングの知名度もあがってきていて、主婦やアルバイトで生計を立てている方さらに学生までキャッシングを利用するようになってきました。

学生だけを対象とした学生専用のキャッシングというものも登場しました。
学生と言いましても、主な対象は大学生でしょう。
大学の周りには広告が集中しているように思います。
この学生のためのキャッシングサービスの特徴は、安定した収入が無くてもキャッシングを利用することができるということ、そして学生を対象としているために、金利が他と比べて安いということです。
普通のキャッシングと比較すると、もちろん学生のキャッシングですので、融資限度額や返済の期限などに少し制限はありますが、少しお金が足りない時などにうまく使えば、学生のキャッシングはとても便利です。

インターネットなどからも簡単に申込みができて、即日で借入ができる会社などもあります。
学生のキャッシングは、返済をしっかりしておけば親などに連絡がいくこともまずありません。
というわけでもちろん学生のキャッシングは無担保で、保証人も必要なく、簡単に借りることができます。
ちょっとしたコンパや急な飲み会などで、小額のお金が急遽必要な時に、このような学生のキャッシングを上手に利用することにより、さらに楽しいスクールライフが楽しめることと思います。
しかし、いくら低金利だからと言っても借りすぎには要注意です。
返済能力自体は、給料の安定した正社員ほどではないのですから。

posted by cashing-knowledge at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

審査が甘いキャッシング

キャッシングを利用する際には、申込みをしてそのキャッシング会社の審査を通らなければなりません。
しかしアルバイトやフリーターなどあまり収入が多くない人や、自営業や自由業の人、さらに色々なキャッシング会社からの複数の借入れの際に返済の延滞があったりしてキャッシングの審査になかなか通らないことがあります。
そんな時に味方となるのが、「審査が甘いキャッシング会社」の情報です。

審査が甘いキャッシング会社としてランキングを作った時に上位にくるのが、SIBイコールクレジット、信販系のOMCカード、そしてスタッフィの3社です。
これらのキャッシング会社は非常に審査が甘いキャッシングのため、これで審査に通らない場合は他社のキャッシング会社の審査はまず通らないとも言われています。
また、女性専用のキャッシング会社の中で、審査が甘いと言われているものはオリーブのキャッシングです。

何故これらの会社が審査が甘いキャッシングと呼ばれているのかというと、他社で借入れを頻繁にしている人は審査に通りにくいということがあるからです。
しかし、上記にあげたキャッシング会社は、審査が甘いので他社の借入が5〜7件あっても審査に通ることが多いです。
また、これらの審査が甘いキャッシング会社は、審査が甘いだけではなく、融資も即日可ととてもスピーディで便利です。
もちろん審査の甘い会社というのももちろん重要ですが、それぞれの属性や借入の状況、そして目的に合わせて最適な会社を選ぶことがやはり重要です。

posted by cashing-knowledge at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

無利息のキャッシング

キャッシングで借入れをする際にやはり気になるのがその利息の金利です。
そんな時に、無利息のキャッシングを使うととても便利です。
「そんなものが存在するのか?」という感じですがあるのです。
無利息のキャッシング
それは言葉通りに利息がかからない、つまり無利息なキャッシングなのですが、もちろん永久に無利息のキャッシングではありません。
これは融資から一定期間は無利息で借入ができるキャッシングのことなのです。

この無利息期間のあるキャッシング会社のほとんどは、新規に入会をしてから7日間は無利息だったり、長いところでは30日間無利息のキャッシング会社まであります。
さらに中には「何度でも1週間無利息キャッシング」をうたっているキャッシング会社もあります。

このような無利息キャッシングは、「給料日まであと少しなのにお金が必要」な時などにとても役立ちます。
うまくこの無利息のキャッシングを利用することによって、普通にキャッシングで借入をすると金利がかなりかかる場合でも、無利息のキャッシングのおかげでほとんど利息を払わずに借入を行うこともできてしまい、うまく使えばとっても便利です。
うまくこのような無利息のキャッシングを利用して、賢く便利に借入れをしましょう。
しかし利用する場合には、期間内に返せる保障があった上で借りましょう。
当ても無く借り入れて期間内に返せなければ、せっかくの「無利息」という特典が無意味になってしまいますから。

posted by cashing-knowledge at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

低金利なキャッシング

キャッシングをする際にとても気になるものはやはり金利の事ですね。
一般的に、個人を対象とした個人向けの小額の融資サービスのことをキャッシングと呼び、その中でも金利の利息の比較的安いサービスのことを低金利キャッシングと呼びます。
この低金利キャッシングのサービスは銀行などの金融機関が、会社や個人などの資金を必要とする人たちに金利の利息を得ることを目的として、金銭を貸し出しすることです。
低金利キャッシングは、ローンとも呼ばれます。

この低金利キャッシングを利用する理由は、なんといっても金利の利息がほかのキャッシングと比べて安いので、利息をそこまで気にすることなく安心して利用できるという点です。
キャッシングでの金利の少しの差は、一見したところたいした額に思えないかもしれませんが、普通のキャッシングを利用するのと、低金利のキャッシングを利用するのでは利息が大きく違い、総支払額はかなり変わってくることとなります。
一般的に、低金利キャッシングの金利の利息とは「20%以下」の金利のものを低金利キャッシングと呼んでいることが多いようです。

低金利キャッシングの申込みの際には、普通のキャッシングの審査よりも低金利キャッシングの審査のほうが厳しく、時間がかかることが多いです。
お金を借りるほうも当然支払額が少ないほうがいいのでどうしても低金利のほうに集中しますし、利息の低さから多めに借りて返せなくなる例もあるので慎重にならざるえないのでしょう。
しかし、一旦低金利キャッシングの審査に通ってしまえば借入できる限度額も大きいので、とても便利です。
ただし、利息が少ないといって多く借りると痛い目を見る可能性もあります。
あくまでほどほどに、返せる額を借りましょうね。
posted by cashing-knowledge at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

キャッシングの審査

キャッシングを利用するためには、申込みをした後にキャッシングの審査を受けて、その審査に通らなければキャッシングを利用することはできないようになっています。
キャッシングの審査はどのような事をするのかといいますと、まずキャッシングの審査では申込者の証明書や顔や住所などの個人情報を照合します。
その上で、その申込者に支払う能力があるのか保証人はいるのかなども調べます。

対面の窓口でのキャッシングの審査もありますが、最近では電話やインターネットを使った審査もできるようになっているので、とても便利です。
また、キャッシングの審査では、申込者の過去の借金歴なども調べることになります。
過去のクレジットカードなどの利用の際に一度でも滞納があればキャッシングでの利用限度額に影響がでたり、その度合いによってはキャッシングの審査に通らないということも出てくるようです。

普通の消費者金融で借りれない為に、ヤミ金融などからお金を借りたりした場合もその履歴はきちんと残るため、銀行などの金融機関での利用の際に影響がでたりすることもあります。
キャッシュカードなどの使用歴は7年間ほど保管されていくので、きちんと考えて利用することが必要だといえます。

posted by cashing-knowledge at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

無人契約機での申し込み

前回の記事と順番が逆になってしてしまいましたが、元々インターネットで申し込みが一般的になる前は無人契約機でのキャッシングが一般的でした。
手続きはほとんど店頭での形式と同じです。
しかしながら人気のないところにひっそりと鎮座している無人契約機はちょっと入るのが怖いかも知れません。

無人契約機に入ると端末についているマイクからセンターのオペレーターの声が聞こえてきます。
ここで店頭と同じような形で案内が始まり端末から出てくる申込書などを記入し身分証明書のコピーがその場でとられます。
また、端末にはカメラがついていてこちらの行動は全て見えているようですので他人の免許証などで偽造はできないようになっています。

店頭と同じように質問をされ、在籍確認、審査を行うと融資限度額の案内がされます。
条件などに納得できたらそのまま契約になります。
やはり無人契約機と併設されていたり同じ機械が二つを兼ねている場合もありますが、キャッシュディスペンサーで借入ができるようになっているのでそちらでキャッシングをおこなうことが出来ます。
人目に付かないところの無人契約機は確かに目立たないかも知れませんが、逆に人気がないので人に見つかると目立ってしまうでしょう。
最近はそのためか、逆に人の多いところに作られる無人契約機も多くなっています。

posted by cashing-knowledge at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

店頭での申し込み

キャッシングの会社のイメージとして、会社のCMなどで登場しているタレントが店頭の受付と同じ服装で出ている広告が非常に多いです。
パソコンが普及した現在では店頭に出向くことなど少なくなっていると思う方も多いかも知れませんけど。
インターネットでの申し込みが多くなってきたものの、店頭に出向いて手続きをする人もまだまだ多いです。

店頭でキャッシングの申し込みをする最大のメリットは疑問点について徹底的に説明を聞ける点でしょう。
キャッシングにおいて最も重要なのは、やはり返済方法です。
この点について分からないことをしっかりと聞いた上で、キャッシング申し込みをしましょう。

申込書の記入に移ったら本籍地や勤務先などを記入し身分証のコピーをとられたら受付係がデータを照会します。
そのまま簡単な質問に移行し、インターネットでの申し込みと同じく在籍確認や審査が行われます。
審査の結果で利用限度額が決まり、限度額に納得できれば契約に移ります。
もしもっと借りたいなど不満な点が出てきた場合には、断ってしまうこともこの段階では大丈夫でしょう。
契約書にサインをしたら契約終了でキャッシュカードが発行されます。
一般的に現金を店頭に置くことは無く、店頭のすぐ外においてあるキャッシュディスペンサーを利用するスタイルが一般的です。
posted by cashing-knowledge at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

インターネットでの申し込み

近くに店頭が無かったり通行人の人目が気になる人のために、今ではインターネットでキャッシング申し込みができるようになっています。
今までは無人契約機にしろ店頭にしろキャッシングの際はまず店頭などに出向く必要があったのですが今ではこれもネットで解決されています。

方法としては、まずインターネットでキャッシング申し込みを行っているサイトへ移動します。
そこで利用前の確認、規約などに同意した上で申し込みフォームに細かい個人情報を記入して希望金額などを書いていきます。
申し込みが終了すると、キャッシングの際の審査を金融業者が開始します。
家や勤め先などに電話がかかってくるのが一般的です。
その際はキャッシング会社の名前などを出すことはなく担当者の名前で申込者が在籍しているかを確認するのみなので問題ないでしょう。
審査が終了すると改めてキャッシング会社から連絡が入ります。審査で融資が可能であればカードを受け取らなくてはいけません。カードを発行する方法は主に2つあります。


一つは郵送やメール便などを使う方法です。
この方法だとカードが届く前に書類が送られてきて、書類と身分証を返送する形になります。
届けられる封筒には担当者の名前が書いてあるだけでカード会社の名前などは入っていません。
基本的にはカードの発行は数日で済むところが一般的ですが、場合によっては時間がかかってしまうこともあるようですね。
カードが届いたらそのままキャッシングが可能になります。

もう一つの方法は身分証などを持って店頭に出向き直接カードを発行する方法です。この場合も書類が自宅に届けられる場合がありますが、会社のロゴの入ったものではなく茶封筒などで担当者の名前が書かれているだけのものがほとんどです。
その場でカードを受け取ったら店頭とは別の場所においてあるキャッシュディスペンサーでキャッシングが行えるようになります。
会社によっては流れが前後する場合もありますが基本的にはこの流れでキャッシングの申し込みは完了します。
ネットだからといって、すべての工程をパソコンだけで行なうことは出来ませんが、効率よく最小限の行動でキャッシングを開始できると思います。

posted by cashing-knowledge at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

返済の種類

キャッシングにも多くの種類があり、キャッシングによって返済の方法なども異なってきます。
また、返済の方式が自分で選択できるキャッシングサービスも存在しているようです。
ローンという意味で言えば一般的なのが「元利定額返済方式」です。
この方式は、各返済日に一回の返済額が毎月同額の返済方式です。
キャッシュフローが一定なので返済金額がわかりやすいのが最大の特徴です。
ただし、ローン返済期間の初めは利息に充当されるので残高が減りにくいという欠点も持っています。
一般的には住宅ローンなどで設定されるタイプの返済方式で、キャッシングの場合はあまり見かけないタイプの返済方式ですが、キャッシング経由での買い物の分割払いをするとキャッシング並の利息で分割払いをすることもできるようです。
もちろん、クレジット払いで分割する事ができるのならその方が安い場合が多いのであまりお勧めできる方法ではないでしょう。


キャッシングの場合でよく見かけるのが「元金定額返済方式」 と呼ばれる返済方式です。
「元利定額返済方式 」と名前が似ているのですが、全く内容が異なります。
元金が一定、つまり返済する一定の元金と借り入れしている全体の利息を返済していくという方式です。
どのような違いがあるかと言うと「元利定額返済方式」の場合では、利息まで含めて毎月の返済額が決まっているため、キャッシングしている金融業者にはわかりやすい反面、返済している側にとっては分かりづらいキャッシング方式でした。
「元金定額返済方式」の場合ですと、元金の支払いは常に一定なので毎月の返済額は毎月変わりはするものの、返済できている金額は毎月同じなので確実に返済できているのが分かるのです。
ただし、この場合だとキャッシングし始めた頃の返済金額が大きく、負担になってしまうことが多いのでその点は注意が必要です。
また、この返済方式が最も採用されているのはコーポレートローンと呼ばれるキャッシングサービスです。
キャッシングの債務の注意は必要ですが「元金定額返済方式」が最も理想的な返済方式ではないでしょうか?
どの返済方式なのかで返済プランも変わってくるのでキャッシングの際は必ず注意するようにしましょう。

キャッシングの支払い方法として有名なものにリボ払いとともにメジャーになった支払い方法で「残高スライド方式」と言うものも存在します。
リボ払いと言うとクレジット払いのイメージが多いようですが、実はキャッシングの際にも採用されているもので残高が変動しやすいリボルビング契約のキャッシングではすでに一般的な支払い方法になっています。
貸し付けている残高に応じて毎月の返済額が一定額ごとに変動する方式です。
この場合に注意するのは返済する金額が変わらないために借入の合計を忘れて借りすぎてしまわないようにすることです。
一般的に最もカード利用で失敗するケースはリボルビングと言われるほど気軽に利用できる返済方法です。
返済額が低めに設定されていると毎月の返済額より借入が大きくなってしまうなどといった事にもなりかねないので注意が必要です。
残額スライド方式を多く採用しているのはキャッシングの中でも消費者金融などのように頻繁に追加貸付が行われるローンのようです。
特に消費者金融系のキャッシングは金利が高めに設定されているところが多いので余計に注意が必要になるでしょう。


posted by cashing-knowledge at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

返済

キャッシングにおいて最も重要な課程であり、融資の次の段階を返済と言います。
借り入れ側を負債者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。
債権者は、負債者から元本または元金と呼ばれるものと利息を受け取る権利があります。
また負債者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。

返済といっても様々な方法があります。
ATMから期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがその1つです。
ただし、キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です。
また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在しています。
一長一短ではありますが、確実に返せるものであるのならキャッシングして時間のたたないうちに完済してしまうのが最も理想的な形なのですが、現実は分散して返済することになるでしょう。

また利息のタイプには返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算されていて初めから上乗せされるタイプの大きく分けてと2つのタイプが存在しています。
これは返済の方式によって変わってくるものなので、キャッシングの前には1回で返済を行えるキャッシングサービスと定期的に返済するものとを確認しておくべきでしょう。


posted by cashing-knowledge at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

融資

融資とは銀行や消費者金融などが利息を得るために、個人または企業などの資金需要者に対して金銭を貸し出すことを言います。
融資の前に企業の業務内容や経営状態、信用情報、さらに担保などの価値を慎重に審査した上で融資を行う事となる。
キャッシングを行なう場合は個人に対して融資することになる。
その際は企業ほどではないが審査が行われ、信用情報を中心に審査の対象となる。

個人に対しての融資でも、一般的に住宅ローンなどと比べると無目的へのキャッシングの方が融資金額が小さく、またそのため利息も大きくなっている。
融資を受けた側は、それを資金として業務を行い、営利活動から出た利益の一部を利子として支払う。
個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることになる。
つまり返済した分、翌月の生活が圧迫されることになることを計算に入れないと翌月に返済した分をまた借り入れるような非効率的な状態にもなりかねない点は十分注意が必要だ。

そのような事態にならないようにするための気遣いが「ご利用は計画的に」と言う言葉に集約されているとでも言えばわかりやすいかもしれない。
くれぐれもカード破産のような事態は避けたいものである。
そのためか、昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようだ。

posted by cashing-knowledge at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

カードキャッシング

キャッシングローンの基本について紹介していきましょう。
クレジットカードなどローン専用のカードを使用して受け取る小口融資を、カードキャッシングといいます。
キャッシングローンは通常、現金自動預払機(ATM)や現金自動貸出機(CD)を利用して融資の手続きが出来、現金を借りることが可能です。

カードでキャッシングを利用した場合、返済方法は銀行での自動引き落としやコンビニでの支払い、現金自動預払機(ATM)や現金自動貸出機(CD)などの方法があります。
カードキャッシングによって借りた現金の返済日はキャッシングの契約時に決定します。
返済方法はほとんどの場合、月1回になっており、他にも回数や金額を指定する方法や幾つか選択肢がある中から選択する方法もあります。

カードキャッシングを利用した場合の利息は、通常1日単位でかかってしまいます。
ですから仮に返済が一日遅れても、その日の分の利息が加算されてしまうので注意が必要です。
逆に言うと、借りた当日に全額返済すれば利息は原則かかりらないのです。
カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は「29.2%」までと法律で定められており、だいたい年8%〜20%くらいになっています。

キャッシング会社の借り入れ利息を比較することも無駄な出費を抑えるために大切です。
それと同時に返済方法についてはっきりとした計画を立てておくことも、カードキャッシングを利用して借り入れする時には大切なことです。
そして一番大切なことは必ず自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにすることです。
利息の増え方などしっかり把握しておいた方が、キャッシングを利用した後にスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

posted by cashing-knowledge at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

キャッシングとは

銀行や消費者金融などの金融機関が個人に対して融資する事をキャッシングといいます。
小口の融資のため、利息が企業や法人向けのものに比べて高めに設定されているのも大きな特徴です。

基本的に、キャッシュカードなどを使い現金自動預払機(ATM)やキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして現金を貸し出す小口の融資のことを言います。
最近になってネットキャッシングというものが普及してきて、ATMなどの端末を介さないタイプのキャッシングも多く見られるようになって来たものの、多くの場合はキャッシュカードでの引き出しです。
現金をすぐに手元に入れられるからでしょう。

インターネット以外にも電話で申し込むものや様々なタイプのキャッシングが存在しています。
しかし今ではインターネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことはほとんど無くなり、世間一般に言われているようにキャッシングという言葉でひとくくりに締めくくられています。

また、最近では一部の企業がキャッシングの際の利息が高すぎるとして問題になり、話題になったもののすでに風化してしまいましたね。
会社自体も営業停止などの処分を食らって、名前を見かける機会が少なくなっているからでしょう。
現在はこれまで以上に業界への監視が強くなり、今までのような利息の形態が少しずつではありますが法整備が整い、変わってくる可能性が高いでしょう。


posted by cashing-knowledge at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。