2008年03月20日

無人契約機での申し込み

前回の記事と順番が逆になってしてしまいましたが、元々インターネットで申し込みが一般的になる前は無人契約機でのキャッシングが一般的でした。
手続きはほとんど店頭での形式と同じです。
しかしながら人気のないところにひっそりと鎮座している無人契約機はちょっと入るのが怖いかも知れません。

無人契約機に入ると端末についているマイクからセンターのオペレーターの声が聞こえてきます。
ここで店頭と同じような形で案内が始まり端末から出てくる申込書などを記入し身分証明書のコピーがその場でとられます。
また、端末にはカメラがついていてこちらの行動は全て見えているようですので他人の免許証などで偽造はできないようになっています。

店頭と同じように質問をされ、在籍確認、審査を行うと融資限度額の案内がされます。
条件などに納得できたらそのまま契約になります。
やはり無人契約機と併設されていたり同じ機械が二つを兼ねている場合もありますが、キャッシュディスペンサーで借入ができるようになっているのでそちらでキャッシングをおこなうことが出来ます。
人目に付かないところの無人契約機は確かに目立たないかも知れませんが、逆に人気がないので人に見つかると目立ってしまうでしょう。
最近はそのためか、逆に人の多いところに作られる無人契約機も多くなっています。

posted by cashing-knowledge at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。