2008年03月14日

店頭での申し込み

キャッシングの会社のイメージとして、会社のCMなどで登場しているタレントが店頭の受付と同じ服装で出ている広告が非常に多いです。
パソコンが普及した現在では店頭に出向くことなど少なくなっていると思う方も多いかも知れませんけど。
インターネットでの申し込みが多くなってきたものの、店頭に出向いて手続きをする人もまだまだ多いです。

店頭でキャッシングの申し込みをする最大のメリットは疑問点について徹底的に説明を聞ける点でしょう。
キャッシングにおいて最も重要なのは、やはり返済方法です。
この点について分からないことをしっかりと聞いた上で、キャッシング申し込みをしましょう。

申込書の記入に移ったら本籍地や勤務先などを記入し身分証のコピーをとられたら受付係がデータを照会します。
そのまま簡単な質問に移行し、インターネットでの申し込みと同じく在籍確認や審査が行われます。
審査の結果で利用限度額が決まり、限度額に納得できれば契約に移ります。
もしもっと借りたいなど不満な点が出てきた場合には、断ってしまうこともこの段階では大丈夫でしょう。
契約書にサインをしたら契約終了でキャッシュカードが発行されます。
一般的に現金を店頭に置くことは無く、店頭のすぐ外においてあるキャッシュディスペンサーを利用するスタイルが一般的です。
posted by cashing-knowledge at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。