2008年01月14日

返済

キャッシングにおいて最も重要な課程であり、融資の次の段階を返済と言います。
借り入れ側を負債者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。
債権者は、負債者から元本または元金と呼ばれるものと利息を受け取る権利があります。
また負債者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。

返済といっても様々な方法があります。
ATMから期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがその1つです。
ただし、キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です。
また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在しています。
一長一短ではありますが、確実に返せるものであるのならキャッシングして時間のたたないうちに完済してしまうのが最も理想的な形なのですが、現実は分散して返済することになるでしょう。

また利息のタイプには返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算されていて初めから上乗せされるタイプの大きく分けてと2つのタイプが存在しています。
これは返済の方式によって変わってくるものなので、キャッシングの前には1回で返済を行えるキャッシングサービスと定期的に返済するものとを確認しておくべきでしょう。


posted by cashing-knowledge at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78472263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。