2007年12月29日

キャッシングとは

銀行や消費者金融などの金融機関が個人に対して融資する事をキャッシングといいます。
小口の融資のため、利息が企業や法人向けのものに比べて高めに設定されているのも大きな特徴です。

基本的に、キャッシュカードなどを使い現金自動預払機(ATM)やキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして現金を貸し出す小口の融資のことを言います。
最近になってネットキャッシングというものが普及してきて、ATMなどの端末を介さないタイプのキャッシングも多く見られるようになって来たものの、多くの場合はキャッシュカードでの引き出しです。
現金をすぐに手元に入れられるからでしょう。

インターネット以外にも電話で申し込むものや様々なタイプのキャッシングが存在しています。
しかし今ではインターネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことはほとんど無くなり、世間一般に言われているようにキャッシングという言葉でひとくくりに締めくくられています。

また、最近では一部の企業がキャッシングの際の利息が高すぎるとして問題になり、話題になったもののすでに風化してしまいましたね。
会社自体も営業停止などの処分を食らって、名前を見かける機会が少なくなっているからでしょう。
現在はこれまで以上に業界への監視が強くなり、今までのような利息の形態が少しずつではありますが法整備が整い、変わってくる可能性が高いでしょう。


posted by cashing-knowledge at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。